家にあるもので、赤ちゃんが夢中で遊ぶのはこれ。手間なし&簡単に1人遊び。

スポンサーリンク

赤ちゃんがいると、おもちゃがどんどん増えて収納が大変になります。そこで、家の中に既にあるもので、赤ちゃんがご機嫌で遊んでくれるものを集めました。

工作などする必要なし。家の中にあるものをそのままで、筆者の赤ちゃんが夢中で遊んでいたものをご紹介します。

ウォールステッカー剥がし(7か月ごろから)

部屋にウォールステッカーを貼っているなら、処分するときはそのままま捨てずに、赤ちゃんの剥がす遊びに使えます。

既に貼ってあるので準備不要。
遊び方もとても簡単。剥がす&貼るを繰り返すだけ
最初は赤ちゃんと一緒に、「あれ?不思議!これ、剥がせるよー。ベリベリー。」など言いながら剥がして見せます。それからもう一度、壁にペタっと貼って見せます。

息子は凝視して、自分も手を伸ばして剥がそうと必死でした。1~2回一緒にやると1人でも夢中で剥がしたり、貼りなおそうとしたり。

パーツが多いと長く遊んでくれます
夢中で剥がしたり貼ったり

剥がしたシールは、赤ちゃんの足裏や手にペタっと貼ってあげると反応が楽しです。自分で取ろうとチャレンジしたり。
身体のいろいろなところに貼ってあげて、自分で取る遊びは、身体の感覚を知る練習にもなるそうです。

ウォールステッカーは100均でも売られているので、私は子どもの日やクリスマスなどイベントの時に買います。簡単で気軽に子どもと楽しめますよ。

凝ったデザインのものは、ネットで検索するといろいろありますね。子どもの早期学習を促してくれるデザイン(Amazonのページに飛びます)とかもあって面白そう。

遊ばせるときは剥がしたシールを口に入れたりしないよう、気をつけながら見てあげます。

かぼちゃやスイカをゴロゴロ(6か月ごろから)

丸ごと買って、置いておくだけで息子は興味津々。触ったり転がしたり、投げたりして、10分くらい1人で格闘しています。

サツマイモやじゃがいもなど他の野菜も試しましたが、息子のお気に入りはかぼちゃとスイカ。大きさと色が気に入ったようです。

色々な野菜を触らせてみて、お気に入りの野菜を探すのも楽しいです。
ゴツゴツやスベスベするのを触って感じたり、野菜の匂いを嗅ぐのは食育にもいいそうですよ。

野菜が少し傷んでしまうこともありますが、食育にもなるし少しならしょうがないかなぁと思って遊ばせています。

心配なのは口に入れようとすること。よく見てあげながら遊ばせています。

ワンタッチテントを部屋で広げる。気分は秘密基地。(1歳0か月ごろから)

公園などで使っているポップアップテントを家の中で使います。秘密基地気分で子どもが遊んでくれます。

1~2人用の小さなポップアップテントなら、室内でも広げるのが簡単。汚れが気になる場合は拭いて使います。

室内用の子ども用テントやボールハウスがあれば一番いいと思いますが、場所を取る&物が増えてしまうのが嫌なので、もともと家にあるポップアップテントで代用。ほんのたまに遊ぶくらいなら、これで十分かなと思います。

子どもがとても気に入ったら、子ども用テントを買ってあげたいです。いろいろな種類がありますし、プリンセス城型恐竜のデザイン(Amazonのページに飛びます)など子どもが喜びそうです。

1歳の息子は、ボールなどお気に入りのおもちゃを持ち込んで夢中で遊んでいます。2~3日して飽きたら、片づけて本来の用途の公園用に使います。
子ども用ではないので、遊んでいる間はケガのないように注意して見守っています。

その日買ってきたものを物色(5か月ごろから)

その日に買ってきたものを、あえて出しっぱなしにしておくと、興味津々でしばらく一人で遊んでくれることがあります。100均で買ってきた日用品や、西松屋で買ってきた服など何でも。

誤飲しそうなものや、鋭利なものなど危ないものは除いておいて、赤ちゃんが目につきやすそうなところに、さりげなく置いておきます。息子は宝さがし気分で物色して、気に入るものがあれば、触ったり投げたりして1人で15分ほど遊びます

気に入るものがなければ2~3分で飽きてしまいますが。それでも、興味のあるもの・ないものの傾向が分かって面白いです。細長い棒状のものが好き、青より緑色が好きなど。

遊んでいる間は危なくないかよく注意して見てあげると、赤ちゃんも安心して遊びます。

最後に

赤ちゃんとの生活は、とにかく時間に追われる日々ですよね。家にあるものを工作などしないで、そのまま使って遊んでくれるのは、何より楽です。今回ご紹介したものが少しでも役立つと嬉しいです。

赤ちゃん用ではないものを触らせるのは、危険がつきものです。
赤ちゃんも最初は恐々触っていても、慣れてくると危ない使い方をするかもしれないので、長く遊ばせすぎないで、飽きたらササっと早めに片づけたり気をつけてあげるといいですよね。

育児
スポンサーリンク
mayuブログ
タイトルとURLをコピーしました